よく聞かれる質問 高校留学について

公立高校と私立高校はどちらに留学するのがいいのですか?
公立高校は受け入れられる国が限定されますが、カナダやニュージーランドであれば公立でも入学ができます。
公立校は政府予算も含めた公的資金で賄われているので現地の人は無料で通えます。(ただし国により一部異なります)
様々な人と出会い、交流を持つのであれば公立高校が良いでしょう。
私立は進学校が多く、授業の進め方も学校独自のスタイルを持ちます。 例えば自習スペースにも常に先生がついてきてくれるなど。
教育スタイルにこだわりたい方は私立がオススメです。
また私立校ではキリスト教系の学校などもあり宗教上の理由により私立を選ばれる方もいます。
高校留学にかかる費用はどれくらいですか?
国、プログラム、期間によっても大きく異なりますが
例えばカナダの公立高校への留学をするとなると、学費、滞在費、食費、お小遣い、航空券、保険代など全て込みで
250万円〜300万円ほどになります。
高校留学をしたいのですが英語力は必要ですか?
国によって変わります。例えばアメリカ、イギリス、オーストラリアは高い英語力が求められますが
カナダやニュージーランドは英語力がそこまでなくても受け入れが可能です。
高校によっては留学生専用のESL(特別英語クラス)コースを設けていますので現地の学生とは別に授業を受けることもできます。
またチューターと言って学校外の時間で家庭教師をつけて英語の勉強をする生徒さんもいらっしゃいます。
中学を卒業してからいつから入学が可能ですか?
国によって変わります。例えばアメリカ、カナダ、イギリスでは8月後半から9月から入学となり
オーストラリアは1月末からとなります。
ただ英語力が不安とうい方は入学前に語学学校に通ったり、その高校の準備クラスに入ることで
留学をスタートさせることができます。

できるだけ予算を抑えて高校留学をしたいのですが
高校留学の場合、どうしても予算が高くついてしまいます。ただ交換留学制度を利用すれば、かなり抑えられます。
これはホームステイなども全てボランティアで受け入れてくださるので、滞在費などを抑えることができます。
ただし場所やカリキュラムなど要望を通すことが難しい傾向にあります。
詳しくはお問い合わせください。
ボーディングスクールって何ですか?
ボーディングスクールは寮生活を通じて生徒さんたちに24時間教育をを提供する学校のことです。
24時間というのは下宿生となるため学校と寮一体型のことを指します。
親元を離れた環境で団体生活を送ることで勉強だけではなく礼儀、自立心、規律、人とのコミュニケーションが学べるというメリットがあります。



資料請求


このページの先頭へ