オーストラリア ワーホリ中 Kotaroくんより近況報告

こんにちは! BC留学ステーションの豊田です。

いよいよ今夜ですね! ワールドカップアジア最終予選です!
家に帰って録画を見るのが楽しみです。

さて、今日はオーストラリアにワーホリ中のKotaroくんからお便りが届いたので、ご紹介します!

Kotaroくんは現在県立大学に通う大学生ですが
休学を利用してオーストラリアにワーホリ中です。
ワーホリで得た経験をもとに、もう少ししたら世界中を旅する予定です。

このたび無事に学校を卒業したとのことで連絡をもらいました!

Kotaroくんの通われていた学校は
オーストラリアはブリスベンにありますLangportsです。
Langportsの詳細はこちら

最初は、周りの日本人の多さから、早めに学校を卒業しようか迷っていましたが
毎日の授業や、日々の宿題にも一生懸命取り組み通常よりも
早めにレベルアップを実現しました!
(おめでとう!)

1476787086125
クラスメートと一緒に!

写真を見てもわかる通り、結構国籍のバランスは良さそうです!

これはLangportだけに言えたことではないのですが、クラスのレベルが中級より下になってくると、どうしても日本人が多い傾向になってしまいます。 どこの学校でも学校初日にテストを行い、そのテスト結果を元にレベル分けをされます。
日本人は小学校5年、6年、中学の3年間、高校の3年間と英語の勉強をしますが、英語を話すスピーキングよりも読み書きが多くなってしまう傾向にあります。
留学先でのテストでは読み書きもそうですが、マンツーマンでのスピーキングテストも行われますので
スピーキングが苦手な日本の方は中級よりも下のレベルになりやすい傾向があります。

留学前にスピーキングの練習はなかなか難しいですが、できる限り頑張って、この初日のテストで中級以上のレベルになると
国籍のバランスも良いですし、クラスの人数も少なくなる傾向になります。
またレベルが高く高度な内容のクラスでも、レベルが低く基礎的な内容のクラスでも料金は変わりません!

であれば留学前に日本で出来るだけ勉強をしていくのが時間とお金の節約につながります! 頑張ってください!

さて話を戻しまして、Langportsに通っているKotaroくんですが、休みを利用してコアラ抱っこにも行かれたようです!
img_20161109_091502_738

送っていただいた写真は斜め後ろくらいからの写真ですが、係員さんがちゃんと正面から記念写真を撮ってくれます!
自分のカメラで撮っていただくこともできますし、記念として飼育員さんが撮ってくれた写真を現像して持ち帰ることもできます。
(抱っこするために料金が別途かかります)

半夜行性なためか、動きがゆっくりとしており、なかなかカメラの方を向いてくれないコアラさんですが、またそこが何とも可愛らしい!
※実際はユーカリの葉っぱを近づけてカメラの方を向くように飼育員さんが頑張ってくれていました!

ちなみにコアラを抱っこできる州は限られており、
(やはりコアラからするとストレスなのでしょうか)
ローンパインはコアラ抱っこが出来る数少ない施設の一つとなっています。
観光収入がコアラ保護にもつながると思うので、
ブリスベン(オーストラリア)に行ったらぜひコアラ抱っこやカンガルーと
添い寝などオーストラリアでしか出来ないこともやってもらいたいですね!

img_2841

このKotaroくんがコアラ抱っこをした場所はローンパイン・コアラサンクチュアリと呼ばれるオーストラリアでしか見ることの出来ない動植物
(ウォンバット、タスマニアデビル、ディンゴなど)を見たり触ったり、餌付け(カンガルーやエミュなど)シープドッグショーを見ることができる動物園です。

%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%8c%e3%82%8b%ef%bc%90

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%89
出典元:LONE PINE (www.koala.net)

ローンパインのコアラの保有数は世界一となっており、現在約130頭ほどのコアラがいます!

ちなみに、ブリスベンのシティからは11キロほど行ったところにあります。 バスやタクシーでも
もちろん行けますし、毎日やっているのでぜひ学校がお休みの時には足を運んでみてください!

LONE PINE www.koala.net
サンクチュアリー sanctuary=保護区域



資料請求


コメントを残す

このページの先頭へ