ホームステイって実際どうなの!?

こんにちは。BC留学ステーションの萩原です!

8月になりましたが、まだまだ暑いですね。私の地元ではこの間40°だったらしく、もう外に出られないくらいの暑さですね汗

皆さん熱中症には気をつけてください!!

 

ところで今日はオーストラリア、メルボルンでのホームステイ経験談を紹介したいと思います!

ホームステイって実際どうなの?って思っている方多いのではないでしょうか?

ホームステイって良い家庭にあたったっていう人もいれば、あまりいい家庭にあたらなかったっていう人もいて、当たり外れがあるってよく聞きますよね。

私も留学前はネットで色んな人のホームステイ経験談を調べたりしてましたけど、実際にその時になってみないとわからないですね汗

ちなみに私のホームステイ先は当たりな方でした!!(何で当たりななのかは後ほど…

私のホストマザーは左奥の黒髪ショートの方です!この写真はマザーの友達とランチした時の写真です。

HS三人

ホームステイ先に着いた時、とても優しく出迎えてくれました。場所はメルボルン市街から電車で15分ほどの静かな住宅街でした。

家の横にはカフェがあってそこのコーヒーを毎朝飲んでいました。(笑)

マザーと三匹の犬がいて、私は犬が好きなのでとっても嬉しかったですね。

あと近くに娘が住んでいて、たまに遊びにきて一緒に映画を見たりしました!

あとマザーは料理上手だったのでマザーのご飯を食べるのがとても楽しみでした♪

HSご飯 HS ご飯 HSご飯 

部屋はこんな感じで快適でした。とてもオシャレですよね。右はリビングです。

HS部屋 HS家

ここまで見ると何の不満のない楽しい生活に思えますよね!

実際おいしいご飯も食べれて、部屋もオシャレで本当にここでホームステイできてよかったと思っています。

でも、やっぱり楽しいこともあれば、そうじゃないことも多かったですね。

 

ホームステイで辛かったこと

①文化の違い

➁英語力があまりなかったこと

まとめるとこんな感じです。

①文化の違い

文化が違うことは当たり前にわかっていることですよね。でも、すぐに文化をその国の文化に合わせろ!と言われても無理なんですよね汗

日本人には「暗黙の了解」という、言わなくてもわかってもらえるというものがありますが、それに慣れてしまっているので、実際私はあんまり「こうしたい」とか「これが食べたい」とかいう希望を言いませんでした。それは、もう今してくれていることが十分で、満足しているから、これ以上希望はないというように考えていたのですが、マザーは私が何も言わないことに対して「何で何も言わないの?あなたが何を考えてるかわからない」と言いました。私はそれを言われたとき驚きました。その時、やっと文化が違うから日本で当たり前のことが海外では通用しないということに改めて気が付きました。

だからもしこれから留学に行く人でホームステイする人は、自分の考え、希望をはっきり伝えてください!暗黙の了解は通用しません。

私はこれに気が付いたのが遅かったので、もう少し早く気が付いていればもっとマザーと仲良くなれたかなと思います。

 

➁英語力があまりなかったこと

留学に行く人って英語を勉強したい!って思っていく人が多いですよね。私もそうでした。でも最初から英語がペラペラの人ってあまりいないですよね。私も英語はあまりできない状態からのスタートでした。その時の出来事です。

私のホームステイ先では私の前に、中国人、タイ人、インド人など何人かホームステイしていたらしく、みんな英語が堪能だったそうです。

それに比べ私は英語があまり話せなかったので、マザーは彼らと私を比較して、よく「You don’t understand what I say.」あなたは私の言っていることがわかっていない、と言いました。

確かにわかっていないことはありましたが、それでも頑張って聞こうとしていたし、英語を勉強するためにオーストラリアに来たのでそういう風に言われてとてもショックでした。マザーはそれに加えて「前の子たちはもっと英語ができていた。」とも言いました。

そこまで言わなくても…。と思いましたが、そこは物事をはっきり言う文化なのでしょうね。

でもそんなにはっきり言われてとてもショックで、、だって英語を勉強するためにここへ来たのに…。

色んな思いが溢れて泣いてしまったこともありました。

留学すると最初は、まわりと比べて自分の英語力のなさにがっかりすることがあると思います。

でもそこでがっかりしていても英語は伸びません!!そこで頑張れるかが大事だと思います。積極的に友達と話したり、勉強したりと努力すればそれは絶対あとから力になります。私は落ち込んでしまった時間が長かったのですが、それは無駄です!

だから、これから留学行く人は私みたいになってほしくないので、もし留学行って英語力で落ち込んでもそこを「もっと英語頑張ってやる!!」と思って乗り越えてほしいと思っています!!

 

私のホームステイ先はこんな感じで楽しい面も辛い面もありましたが、どちらかというと当たりだったと思います。

でも友達の話を聞くとかなりはずれのホームステイ先もあったみたいで、例えば朝ご飯は乾いたパン一枚、夜は冷凍食品で家族も冷たかったそうです。

なのでもしそういう家庭にあたってしまったら無理せず誰かに相談してください!ホームステイ場所を変えることもできるので、本当に我慢しないことが大事です。

少し長くなりましたが、ホームステイは実際にその国の文化に触れたり、生活ができるのでとてもいい経験になると思います。でもやっぱり当たりはずれはあるので運による部分はありますが、留学の経験としてホームステイしてみるのもいいのではないかと思います!

 

このブログがこれから留学行く人のためなれば嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 



資料請求


コメントを残す

このページの先頭へ