オーストラリアワーキングホリデービザ申請方法

オーストラリアワーキングホリデービザ

ここではオーストラリアのワーキングホリデービザ申請方法について説明しています。

<ご注意>
ビザの可否については最終的な判断は大使館に委ねられます。
ここでのビザ申請方法ではビザの許可を保証するものではございません。
またビザの情報は常にアップデートされております。
最新の情報は各国大使館サイトやアドバイザーまでご確認をお願いします。

1,ワーホリビザ申請ページにアクセス

2,ImmiAccountをクリック

初めての方はまずImmiAccountを作ります。
※すでにImmiAccoutを持っている方は
login to your ImmiAccoutをクリックする。
クリック後に別画面に飛びます。
1済-001
拡大図はこちらをクリック

3,Create ImmiAccountをクリック

2済-001
拡大図はこちらをクリック

4,Individualをクリック

5,下記の赤線に情報をそれぞれ入力

-Title
-Family name
-Given Names
-Phone
-Mobile Phone
-E-mail address
-Address
-Suburb/Town
-Country
-State
-Postcode/Zip

6,入力後Continueをクリック

3 済-001
拡大図はこちらをクリック

7,下記の赤線に秘密の質問と答えをそれぞれ入力

※小文字で統一すると分かりやすいです。
※質問と答えはご自身で選ぶことができます。

8,パスワードを入力 必ず控えておきましょう

※9文字以上、大文字、小文字、数字を組み合わせたパスワードにする。

9,映し出されたセキュリティーチェックのコードを入力

10,全て入力後にSubmitをクリック

4 済-001
拡大図はこちらをクリック

11,Continueをクリック

5済-001

拡大図はこちらをクリック

12,Work & Holidayをクリック

この画面からスタートすることもできますが
別の画面からスタートすることもできます。

1-2%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちらをクリック

13,First Working Holiday Visa(417)をクリック

※初めてワーホリビザを申請される方は、こちらになります。セカンドワーホリを申請される方は別途お問い合わせください。

2%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

14,下記赤線部分に必要事項を入力

3%e6%b8%88%ef%bc%89-001

-苗字
-名前
-性別
-生年月日(日/月/西暦)
-出生地
-出生国
-居住国
-パスポートナンバー
-パスポートの国
-パスポート所有者の国籍
-パスポート発行日
-パスポート失効日
-パスポート発行機関(日本人の場合は外務省Ministrey of Foreign Affairs)
-オーストラリアVisa grant numberを持っている方は記入
※過去に学生ビザなどを申請している方などが対象
-パスポートに貼られている現在もしくは過去のオーストラリアVisa Numberがある方は入力
-オーストラリア到着日
-過去12か月以内にオーストラリアビザ申請用の健康診断を受けたことがあるか
-今回のビザ滞在中に付き添いが必要な扶養義務のある子供はいるか
-他の名前を使ったことがあるか(結婚などで名前が変わったケースなどを含む)
-上記で記入したパスポート以外の国籍を持っているか
-以前にワーキングホリデービザを申請したことがあるか

拡大図はこちら

15,必要事項の入力が完了したらNextをクリックして次のページへ

16,上記の内容に間違いがなければNextをクリックして次のページへ

-Family name
-Given names
-Sex
-Date of birth
-Country of birth
-Passport number
-Country of Passport
4%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

17,下線部の質問に必要事項を入力する。

-日本での職業は?
-どのような業界で働きたいか
-最終学的は?
4%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

18,内容に間違いがなければNextをクリックして次のページへ

下記赤線部分に必要事項を入力

-現住所
-自宅の電話番号
-職場の電話番号
-携帯電話番号
-オーストラリア滞在先の住所(決まっている場合)
-オーストラリア国内で連絡が取れる番号(決まっている場合)

※この情報をあなた以外の第3者が受け取れる権利を与えますか
(通常はNoとなります)
6%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

20,入力が完了したらNextをクリックして次ページへ

21,下記赤線部分に必要事項を入力

-住所(郵送先の住所が違う場合は修正して入力する
※予め入力した住所が記載されています。

-ビザの申請結果をメールで受け取ることを希望しますか?
※通常はYESを選択

-登録したEメールアドレスを入力
※ビザ関係のメールが届くので入力ミスには要注意!

-このビザ申請に面接が必要と判断された場合どこの大使館を希望しますか?
※通常はTokyoを選択

7%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

22,全ての項目の入力が完了したらNextをクリックして次ページへ

23,下記赤線部分にYes/Noを選択

※通常はNOを選択
-過去5年間に3か月以上連続して滞在した国はあるか
-オーストラリア滞在中に病院などの治療施設に滞在する予定はあるか
-オーストラリア滞在中に医療を受ける予定はあるか
-オーストラリア滞在中に保育園や幼稚園などで児童に接する予定はあるか
-これまでに結核かかったこと、結核患者と接触したことまたは胸部レントゲンで異常が出たことはあるか
-オーストラリア滞在中に下記の疾患に対して医療費を費やす予定はあるか
-血液疾患
-癌
-心臓疾患
-B型C型肝炎
-HIV AIDS
-透析 肝臓疾患
-精神疾患
-妊娠
-呼吸器系疾患
-その他
-オーストラリア生活中に補助が必要ですか

8%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

24,全ての項目の入力が完了したらNextをクリックして次ページへ

25,下記赤線部分にYes/Noを選択

※通常はNOを選択
-犯罪を犯したことがあるか
-告訴を受けているか
-逮捕状を請求されたことはあるか
-性的虐待(子供を含む)などで犯罪を犯したことがあるか
-性犯罪者として名前が登録されたことはあるか
-精神的な理由により無罪となったことがあるか
-裁判所で不適当な弁護を受けたことがあるか
-直接的、間接的に関わらず国のセキュリティーを脅かす活動に関わったことはあるか(オーストラリア以外の国も含む)
-戦争犯罪や虐殺、非人道的な犯罪、拷問、奴隷制度など国際的な問題に関わる犯罪を犯したことがあるか
-過去に犯罪組織の集団に関わったことや、そのような行いをしたことはあるか
-過去にオーストラリアもしくは別の国で暴力行為(戦争、暴動、自由闘争、テロなどを含む)を行ったことやそのような組織に関わったことはあるか
-過去に軍や警察部隊に従事したことがあるか-
-軍隊に所属していたり、軍隊に関わる訓練を受けたことがあるか
-軍隊に所属していたり、軍隊に関わる訓練を受けたことがあるか
-密告者や密入に関わったことがあるか
-オーストラリアを含むすべての国で国外退去を命じられたことはあるか
-オーストラリアを含むすべての国でビザの滞在期間を超えて不法滞在をしたことはあるか
-オーストラリアの政府または公共機関に未払いの負債があるか

9%e6%b8%88%ef%bc%89-001
拡大図はこちら

26,全ての項目の入力が完了したらNextをクリックして次ページへ

27,下記の内容に対してYes,Noで回答

通常はYESを選択
-この情報は最新で正確なものです。
-もし不正な書類や情報を入力した場合、自身や家族のビザが一定期間却下されることを理解しています
-もしビザ取得後に不正な書類や入力した情報に誤りがあった場合 ビザがキャンセルされることを理解しています。
-ビザ申請時に表示された内容を確認し理解しています。
-私は現在日本に住んでおり、ビザ申請も日本から行っています。
-一つの雇用主の元で6ヶ月以上就労ができないことを理解しています(注)
-ワーキングホリデービザで4ヶ月以上就学できないことを理解しています。
-オーストラリア滞在中、そしてオーストラリア出国時までの期間中、十分な費用を準備しています。
-どのような雇用・仕事でも、その目的は、あくまでもオーストラリアにてホリデー期間中の生活の補足ということを理解しています。
-今回のワーホリビザ申請が初めてで、かつ過去にワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在したことはありません。
-申請時に提示された項目にある内容を理解し、オーストラリアの価値感を尊重し、オーストラリア滞在中はオーストラリアの法律に従います。
-もし情報に誤りが見つかった場合、または変更が生じた場合は どのような状況にも関わらず、すぐにビザ部門に申し出ます。
-個人情報保護に関する情報(Form1442i)を読んでいます。
-個人情報に関する情報(Form1442i)に記載された内容の通り必要に応じてビザセクションから個人的な情報(身体的な情報など細かい情報などを含む)の提出や開示を要求されることを理解しています。

(注)2017年1月1日から同一雇用主の元で就労ができる最長期間の6ヶ月のルールが変わります。
同一雇用主の元でも就労場所が異なれば最長で12ヶ月間の就労が認められます。
10%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

28,全ての項目の入力が完了したらNextをクリックして次のページへ

29,入力しが項目の最終確認ができます。入力ミスがないか確認をしましょう

拡大図はこちら

30,全ての項目を確認したらNextをクリックして支払い画面へ

31,Submit Nowをクリックして支払いへ

※Submit Nowをクリックすると編集ができないので注意
※2016年11月現在 申請料は$440と成っています。
2017年1月からは$50安い$390となります。 申請を急がない方は1月1日以降の申請がお得ですね。

12%e6%b8%88%ef%bc%89-001

拡大図はこちら

32,支払い画面になりますので、クレジットカード情報を入力

33View/Print Receiptをクリックして領収書を保存

34,Nextをクリックして完了

以上になります。 お疲れ様でした。
ビザ申請を完了させると後日(早いと当日に届くことも)大使館から指定したアドレスにEメールが届きます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-16-57-32

拡大図はこちら
※ビザ申請が完了したメール、ビザの許可が下りたメールなど3通ほど届きます。
ビザの許可が下りたメールには「IMMI Grant Notification」という名前のPDFファイルが添付されており、こちらがビザの許可証となります。

念のため入国前にプリントアウトしておくといいでしょう!



資料請求


このページの先頭へ