留学中にどうやって日本からお金を送ればいいの?

留学中にどうやってお金を送ればいいの??

まずお金の送り方には大きく分けて2つあります。
①現地の銀行口座を開設して日本の銀行(しずぎんなど)から送金する方法
②現地で現地の通貨を引き出しができるキャッシュカードを作る方法
双方でメリットデメリットがあります。

例えば①の現地で銀行口座を開設する方法ですが、留学されるビザによっては開設ができない場合があります。観光ビザではあくまでも観光(短期滞在)が前提ですので口座開設はできません。 ただ学生ビザやワーキングホリデーなどのビザをお持ちであれば働くことを想定しているので、口座は開設できます。日本の銀行から海外の銀行へ送金する場合は¥5000〜¥6000ほどの手数料がかかってしまいますが、大きなお金を送金するには適しています。

②のキャッシュパスポートですが、これは予め日本でカードを発行し、決められた口座に日本円でお金を入金します。入金後、約24時間で着金がされますので、その後すぐに使うことができます。またオンライン上でアカウントを設けて使用履歴、残高照会などをインターネット上で把握できる点も便利です。 ただ入金した金額に対して1パーセントの手数料が取れらます。例えば10万円入金したら1パーセントの1000円が手数料として取られ99000円が着金される形になります。 少額の送金であれば、キャッシュパスポートが便利です。
さらに詳しく知りたい方はお問い合わせください。



資料請求


このページの先頭へ