専門学校へ留学

海外の専門学校へ留学

 

専門学校へ留学

語学の習得だけではなく語学+αの留学を考えている人に向いています。理論的に学ぶより、実践的に学ぶことが多い専門留学。キャリアアップや就職活動につながる本格的な留学から現地の企業でのインターンシップなど帰国後に役立てられる留学です。

専門留学に関しては入学の際に英語力を求められますので、計画をしっかり立てましょう。出発した後に、「英語力がなく入学が出来なかった」「授業に付いていけずに帰国までに修了ができなかった」ということがないようにしましょう。

期間

専門学校というと2年~3年間学ぶイメージがあるかもしれませんが、海外では実に多彩です。

短いもので3か月から長いものは3年と幅広く提供されています。予算や環境などの条件面と、本人の目的によって絞っていくのがいいでしょう。

分野

専門学校で学ぶことのできるものはかなり多くあります。留学生に人気なものは、ビジネス、ホスピタリティー、ツーリズム、デザイン、マッサージセラピーなど。同じ分野でも趣味的な内容のコースだったり、上級者コースなどがあり様々です。 

資格

コース修了後には終了証が授与されます。(サティフィケート(Certificate)やディプロマ(Diploma)と呼ばれています。)これらは各学校が独自に発行するものですので、帰国後に自分の留学経験を役立てるために自分の学んだことをしっかりと表現できることも大切になってきます。

専攻分野によっては協会・団体、企業が認定する資格を取得できるコースや一定以上の成績での修了を条件として提携大学への編入が保証されるものもあります。  

専門コースに通う静岡葵さんの一日

AM8:00 起床

身支度をして学校に行く準備をする。昨晩も遅くまで勉強に追われていたためいつもより少し遅い起床時間。ステイ先を出て今はシェアハウスの生活に。

自炊は得意だったので、すぐに支度を済ませ足早に家を出ます

AM8:45 家を出る 

  
シェアハウスは学校からすぐ近くのダウンタウンのエリアです。通学時間も徒歩5分!だいぶ楽です。

AM8:50 学校到着

授業開始までカナダ人のクラスメイトとおしゃべり。クラスメイトも宿題が多く大変だったようです。

※専門学校には学校によってネイティブの生徒と留学生が同じ教室で学ぶこともあります。逆に留学生だけで専門コースを習う学校もあります。

AM9:00 授業開始

  
相変わらず授業は難しいけど中身が濃い! 英語でビジネスの理解はとっても大変だけど頑張って付いていきます! 

12:00 ランチタイム

今日のお昼はクラスメイトで近くの日本食レストランでランチ♪ やはり日本食は美味しい!

13:00 来週から始まるインターンシップの準備

受け入れ先の企業が決まった時は嬉しかったですが、実際にインターンが始まるまでは緊張の連続です。今日はインターンで使うスーツを日本から送ってもらったので受け取りに行きます。
 
※専門学校は学校により異なりますが半日だけの授業というのもよくあります。日本から荷物を送ってもらった際に届け先が不在の場合近くの郵便局で荷物を預かってくれることも。

17:00 自炊のための食材を買いにスーパーへ

シェアハウスに暮らし始めて5か月、自炊にも慣れてきました。たまに時間が惜しい時もあるけれど、節約のため自炊は頑張っています!今日のメニューは何にしようかな? 

18:00 夕食の準備

買ってきた食材を使って夕食の準備、ついでに明日のお弁当も作っちゃおう!時間の節約です。

19:00 夕食。ルームメイトと談笑

テレビを見ながらルームメイトと談笑。今日はルームメイトが一品料理を作ってくれたので、嬉しかった、今度は私が作ってあげよう。

20:00 のんびりしたい時間だけど、やはり毎日の予習復習はかかせません

授業でやったことの復習、明日の授業で習う事の予習をしないと授業に付いていけません。大変だけど頑張ります。また毎日の日課にしている英文日記も続けています!

23:00 予習復習を終えて、さあ就寝!と行きたいところですが

学校に提出するレポートがまだまだ完成にはほど遠い状態です。もう少し頑張ります!

0:30 予習

今日はだいぶ勉強もはかどりました!明日に備えてそろそろ就寝します。

具体的なコース

●Flight Attendant course
航空業界における知識を得るだけでなく、カスタマーサービスや機内における緊急時の対処方法などを学ぶことが出来、より実践的で専門的なスキルを身に付けることができます。

またSeattleにあるBOEING Centerに Field Tripが行なわれます。(CTCから一部抜粋)

・期間 3か月~  ・必要英語力 TOEIC720点~

●Travel and Tourism コース
観光業界において必要不可欠な知識とともに、航空、ホテル、旅行、レンタカー、さらにはクルーズなど各分野の専門的な知識を学ぶことができます。

修了後のキャリア:ツアープランナー/ツアーガイド/ツアープロモーション/旅行会社マネージャー/旅行保険会社/ツアーコンサルタント/パッケージツアーコーディネーター など

・期間 最短3か月~ 最長1年3か月 ・必要英語力 TOEIC720点~ (CTCから一部抜粋)

●Hospitality and Resort コース
ホテルのフロントやレストランでの業務から、人事、セキュリティ、法律まで、ホスピタリティ業務に関するあらゆることを学ぶことができます。

修了後のキャリア:フロント業務/コンシェルジュ/ドアマン/セールスマネージャー/エンタテイメントスタッフ/会議プランナー/会計/グランドホステス/リゾート運営スタッフ など

・期間 最短3か月~ 最長1年3か月 ・必要英語力 TOEIC720点~ (CTCから一部抜粋)

●Hospitality and Tourism コース
Travel and TourismとHospitality and Tourismを組み合わせたプログラムになります。授業と実際の就労を通じて、世界中の色々ば場所で求められている、観光とホスピタリティーの実践的なスキルを身に付けることができます。

修了後のキャリア:旅行会社マネージャー、ホテル運営、ツアープランナー、フロント業務 など

・期間 最短6か月+3週インターン~ 最長1年4か月+2か月インターン ・必要英語力 TOEIC720点~ (CTCから一部抜粋)

●Business Management Diploma course
ビジネス全般の知識、国際ビジネスで通用するスキルや知識を養うことができます。

クラスでは経験豊富なインストラクターによるレクチャー、その学習を実践スキルに移すためのプレゼンテーション、様々なプロジェクトや他国学生とのディスカッションなどが組込まれ、ビジネスを考える力、ビジネス理論、グローバルマーケットに通用するビジネス知識、そして実践力を身に着けることができます。

・期間 最短6か月~  ・必要英語力 TOEIC650点~ (KGIBCから一部抜粋)

●Business Program
国際間でのビジネスが増加してきた社会において、国際基準に対応すべく社会人として必須となる、マネージメントの知識やスキルを学ぶコース。当来のビジネスのコンセプトと比べ、21世紀になり変貌を続けるビジネスの世界で必要となる新しい視野と知識を養うことにより、新しいコンセプトと知識を武器に、外資系企業などの仕事の場面で貢献する力を養う。

Power Pointを使用したプレゼンテーション、グループプロジェクト、ディスカッション等を通じ幅広いビジネスの知識の習得に留まることなく、実践的で、多くのビジネスの場面で即戦力となりうるスキルも身につける事が可能。

・期間 最短3か月~  ・必要英語力 TOEIC760点~ (Ashtonから一部抜粋)

●Sales and Marketing Management
どんなに時代が変動していても、ビジネスの世界からなくならない分野は Sales and Marketing。全てのビジネスの業界での原点となるこの二つの側面の知識を、ビジネスの基本をカバーするとともに、セールスとマーケティングの分野を専門に学習。

グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションを数多くこなすことで実践的なスキルを身につける。実際のビジネス社会で使用されている例を使いながら、学生は”今”の感覚を掴む事が可能。

・期間 最短3か月~  ・必要英語力 TOEIC760点~ (Ashtonから一部抜粋)

●TESOL  英語教師養成サーティフィケートプログラム
TESOLは理論と実践のバランスを重視したカリキュラムのもと英語教育の基礎となる知識、スキル学習、そして教育実践を行います。

プログラムでは語学の基本である4技能「読む、聞く、書く、話す」を教えることを中心に、語彙、文法、音韻などの教授法の学習を行います。

また、英語教育の実践に必要となる多様なアイデアの習得、多くのミニレッスンや模擬レッスンを通じて、学習した内容を実践に移すことのできる様々な機会が設けられています。
多くの実践エクササイズや課題により、プログラム修了後は自信を持って生徒の前に立つことができます。

・期間 最短3か月~  ・必要英語力 TOEIC650点~ (KGIBCから一部抜粋)

目的で選ぶ

ワーホリで海外へ
予算を抑えて留学
大学へ進学
大学院へ進学
専門学校へ留学
海外でボランティア・インターンシップ
高校へ留学
語学学校へ留学


資料請求


このページの先頭へ