大学院へ進学

海外の大学院へ進学

 

大学院へ留学

将来のキャリアを極めるため、今の仕事とは違った分野を目指すため、海外就職を目指すため、大学院への留学を考えている方でも様々な目的を持っていらっしゃると思います。

それぞれに合わせて最適な道を見つけられるように準備をして行きましょう。

期間

1年のものから6年ほどのものまで多彩ですが、一般的には2年ほどで修了できるコースが多くなっています。これは国やコースによって異なります。例えばアメリカですと1年~3年。イギリスですと1年、オーストラリア1年半が一般的とされています。

年間スケジュール

海外の大学院の年間スケジュール

 

費用目安

ここで掲載している金額はあくまでも目安です。アメリカの場合、滞在する地域によって大きく金額が異なることがあります。

● アメリカの場合

アメリカ州立大学院
授業料(年間) $5000~$15000
滞在費(年間) $8000~$12000
アメリカ私立大学院
授業料(年間) $15000~$30000
滞在費(年間) $10000~$15000
その他
航空券 約\120000
海外留学生保険 約\160000
教科書代 約\80000
雑費、お小遣い 約\400000

 

● オーストラリアの場合

オーストラリア国立大学院費用
授業料(年間) $15000~$25000
滞在費(年間) $7000~$10000
オーストラリア私立大学院費用
授業料(年間) $25000~$30000
滞在費(年間) $9000~$15000
その他
航空券 約¥90000
海外留学生保険 約¥160000
教科書代 約\80000
雑費、お小遣い 約¥600000~

分野

大学院で学ぶことのできるコースは500以上と非常に多くあります。

また日本では学べないものでも海外では最先端のものまであります。ここでは代表的なコースを紹介します。

ビジネス系

  • 経営学
  • 会計学
  • マーケティング

政治・国際協力系

  • 政治学
  • 国際関係学

環境系

  • 環境学

文学系

  • 人類学
  • 言語学

メディア系

  • ジャーナリズム
  • メディア学

工学系

  • 機械工学
  • 生物工学

心理系

  • 臨床心理学
  • 教育心理学

自然科学系

  • 生物学
  • 物理学

美術・芸術系

  • 舞台芸術
  • 建築学

医療

  • 福祉系
  • 公衆衛生学
  • 看護学

※コースは一例となっています。学びたい分野があればお問い合わせください。

資格

大学院は修士課程となっていますが、コースの種類も一つだけではないので、ここではコースの解説をします。

●Master of ~ (マスターコース 修士課程)
Master of Economics Master of Biology, Master of Laws
※よく聞くMBA留学もMaster of Business Administration(経営学修士)の略となっています。

●Master of Arts (MA) (文系学位の総称)
MA in Modern French Studies, MA in middle Eastern Studies など

●Master of Science(MS MSc) (自然科学、心理学系学位の総称)
MSc in Information Technology (IT) MS in Industrial & Systems Engineeringなど

●Master of Fine Arts (MFA) Master of Arts(MA) (主に芸術系の学位)
MA International Labour and Trade Union Studies (ILTUS)
MA in Fashion Retail and Luxury Management
Master of Fine Arts – Film and Television

●Master of Research(MRes) (主にイギリスで研究中心の学位)
Master in Social and Educational Research
Health and Social Science Research Methods – Mres

●Master of Philosophy(Mphil) (リサーチコースのみ PhDコースへの準備コース)
MPhil in Inclusive Innovation Studies

●Doctor of Philosophy(PhD) (博士課程(リサーチ中心のコース)大学院最高学位)
PhD in Criminal Justice
PhD in International Conflict Management

●Postgraduate Diploma(Certificate)(PG) (学士と修士の間という位置付け)
※学士から修士にかけて専攻が変わるための入学準備コース
Postgraduate Certificate in Public Health
Postgraduate Certificate in Brand Management

良くある質問

大学で学んだ分野と大学院で学びたい分野が違うのですが入学は可能ですか?
学校によりますが、大学で分野と違う分野を学びたい方のための準備コースがあります。

入学前に大学院側からコースの履修を求められます。そのようなコースを修了することにより分野が違っても入学が出来ることがあります。

GPA(大学の評定平均)が足りないのですが入学は不可能でしょうか?
GPAは大学院の入学にあたり、大切な要素となってきます。そのため学校が求めているGPAを上回ることは重要です。ですが求められているGPAに達していないからと言って諦めるのは早く、まずは英文の成績証明書を学校から発行してもらいましょう。

GPAの算出方法は大学院によっても異なるため計算方法の詳細を確認してみましょう。
また明確な情報を得るために出願予定のコース担当者に直接確認してみるのもありです。

TOEFLやIELTSなどの規定のスコアに達していませんが入学は可能でしょうか?
海外の大学院ではTOEFLやIELTSなどのスコアは取れている事が前提なので、スコアが達していないと合格は難しいでしょう。逆にスコアが規定に達している=合格できる。というわけでもないので注意が必要です。

大学院では入試ではなく、書類選考により合否が決まります。TOEFLやIELTSなどのスコアをクリアして、審査対象となり、その他GPAやGMATもしくはGRE、推薦状、職歴などが審査対象となります。 

スコア取得のため早めに準備に取り掛かりましょう。

大学院に入学のために職歴は必要ですか?
国やコースにより異なります。
例えばイギリスのMBAコースでは3年以上の職歴が必要ですが、アメリカのMBAでは職歴を要求しない学校もあります。 逆にアメリカでのMSのコースでは関連した2年以上の職歴が必要となります。 
細かい入学基準は大学院のコースホームページ載っていますので確認をしましょう。

目的で選ぶ

ワーホリで海外へ
予算を抑えて留学
大学へ進学
大学院へ進学
専門学校へ留学
海外でボランティア・インターンシップ
高校へ留学
語学学校へ留学


資料請求


このページの先頭へ