渡真利有喜さんの留学体験談

お名前 渡真利有喜
留学国 オーストラリア(2年) フィリピン(4か月)、ニュージーランド(1年)
留学した年 2012年
留学スタイル ワーホリ、ファームステイ、フィリピン留学
英語力 Do you like~って何!? (留学前) →留学後 TOEIC 750点 (模試)(留学後)
現在正式なスコアを図るため準備中
渡航前の職業 小学校の先生
帰国後の職業 再度小学校の先生になるために勉強中

●このページの目次


1.自己紹介をお願いします!

オーストリアについて

私は25歳(2012)で初めて海外に飛びました。初めは英語に全く興味もなく、英語”Do you like…?”って何??って状態からスタートしました。

オーストラリアに来て初めて英語を勉強しましたが周りは皆自分よりも若い人ばかり、、周りにうまく溶け込めず、悩み、何回も帰ろうって思いました。

それでも2年間の滞在の中、英語力もそこそこつき、ファームステイなどの貴重な経験をさせてもらいました。

ファームステイではバナナの収穫を行い、朝から働き、結構稼ぐこともできました♪

フィリピンについて

そして英語にさらに感心を持つようになったので、安くて長期で勉強できるところを探してたところフィリピン留学に辿りつきました。

私が行った学校はフィリピンのセブ島にある「SMEAG Sparta Campus」 で、朝の6:40-8:30までのカリキュラムがみっちり組まれており、その中で先生と生徒のマンツーマンレッスンが3つ(コースによって異なる)ありグループクラスが2つとスピーキングを伸ばすにはとっても良い環境だなって思いました。

先生からは毎回のように宿題が渡され、宿題の時間も合わせると、もう夜の10時です。…wowwです。土日以外の外出は禁じられ、土日でももちろん門限がありました、そうなんです…ほぼ監獄と同じような暮らしなんです。笑 でも、周りの友達と切磋琢磨しあい先生との距離も近くなって、自分のshyな部分も全部オープンになるかと思います。

この4ヶ月間では、今まで使わなかったような単語も覚えることができ、さらに英語に対する意欲を高めることができました。

ニュージーランドについて

現在はニュージーランドで、大工の仕事をしてます。まず車が無いと仕事への行く手段がニュージーランドは難しいと思うので、車を買うことをお勧めします。オーストラリアと違って給料も安い上に物価は高いので、オーストラリアと比べるとあんまり良くないかな。

Cityに住んで、仕事場まで行くっていう手段もありますが、家賃がかなり高いです。ニュージーランドは観光スポットがたくさんあるので、お金を貯めるってよりも、少し貯めたお金で、観光をした方がいいとおもいます。何事も挑戦は大切かな。DON’T BE SHY

2.ファームについて教えてください!

ちなみに、自分はオーストラリアの1年目に挑戦したファームステイではバンダバーグ以外にもメルボルンとか行って見て、2年目にタリーってケアンズの下にある小さい町に行ったんですけど、そこが一番オーストラリアのファーム中でベストだと思います。シーズナルジョブ(季節限定)じゃなくて、1年間通して男女共に仕事が8時間フルタイムあるのでオススメです。ちなみにバナナですけど笑。貯金は1年目で50万円、2年目で120万円ほど貯まりました!

バンダバーグは韓国人が経営してる場所も多く英語が話せない日本人は良いかもしれませんが、騙されたり、全然稼げないです。

1日働いて$50だけと言う話もありました。ブリスベンの下にガトンと言う町がありますが、オーナーと仲良くなれば、セカンドVISAを違法で取れるって聞いたことはあります。でも仕事は対して無いです。

バナナファームはVISAもお金も簡単に取れて、もちろん中には日本人もいますが、ヨーロピアンも多く職場はローカルなので英語環境で良いと思います。メルボルンは車が無いと仕事が探しにくいです。自分がいた頃とはまた違うとは思いますけど、良かったら参考にして下さい。

316533_275519072570817_1779561719_n

3.留学中の武勇伝、面白エピソード、恥ずかしエピソードを教えてください!

留学先で出会う女の子はかわいくて、、英語圏以外の特に自分が出会ったヨーロピアンの人達はそこまで英語が喋れないので意外とそういった部分では自分と話が合うんですね。お酒の勢いもあり、結構楽しい雰囲気でしゃべることができました!笑

4.先生という仕事を辞めてまで留学に行くということに迷いはなかったですか?

ん~まだ25歳だったので、迷いはありませんでした! もうとにかく行ってやる!というのが先にきました!

yukitomari

5.今後留学を考えている方へのアドバイス

英語でたくさん悩んでる人や泣いてる人もたくさん見てきた中、正直に言うと英語に近道はないけれども、自分で決めた道ならば、どんなに辛くても努力を継続し続けることだと思います。

あと、最も忘れてはならないことは楽しむ事だともいます。私は今、英語がとっても大好きです。もう英語を本格的に学んで3年ですけど分からないことばかりで今でも落ち込んだりします。

6.今後の目標は何ですか?

また先生になった時に、子供たちに「世界はこんな風だったよ」と話を聞かせて、何か子供たちのキッカケになれれ

ばと思います!



資料請求


コメントを残す

このページの先頭へ