Straight とStandard

こんにちは! BCの豊田です! いやあすっかり秋ですね。朝晩は寒い寒い。。
毛布が手放せなくなりましたね。。 朝起きるのが大変になってきました 汗

少し古い話になりますが。。ニュースでも大きく取り上げられましたが
6月26日にアメリカの連邦最高裁判所は同性婚を憲法上の権利として認めるとする判断を示しました。この判決により全米で同性婚が事実上合法化されることになりました。
レズビアン、ゲイ、バイセクシシャル、トランスジェンダー を尊厳、象徴するものとして使われるレインボーフラッグ。

162150

FBのプロフィール写真をレインボーカラーにしたり、ホワイトハウスもレインボーカラーとなりましたよね。

日本ではまだまだ浸透していない部分もありますが、海外で生活していると普通にそのような方々とも接することも多くあります。
今まで日本で身近に感じることのなかった(自分が感じていなかっただけかもしれません)同性愛者の方々ですが海外でお話する機会もよくありましたし、そういった方々の友達もいました。

そこでちょっと後悔した話、、とある友人に
君はどっちなんだい?と聞かれた時に答えたのは

「I`m standard!」 「俺は標準だよ」「異性愛者」の意味でいったつもりでした。
返ってきた相手の反応は・・・「ん?」といったものです。。

そう、「標準だよ。」というのは僕の中の「ものさし」だけの話なんです。物差しは人が変われば変わるし、彼らからすると何をもって標準なのかは理解できませんよね。

異性愛者=straight という単語を覚えたきっかけでもありました!

I `m straight 「俺はまっすぐ者な人間だ」ではなく「俺は異性愛者だ」ってことですね。

 



資料請求


コメントを残す

このページの先頭へ