発音も大事!

こんにちは! BC留学ステーションの豊田です!
3連休ですね! 天気が心配でしたが、今日体育の日は子供の運動会も無事に開催されました!
よかったです!

さて、最近よくメンバーさんから質問を受けます! ズバリ

「英語ってどうやって勉強していけばいいんですか!?」

ということです!

まあこれは自分も含めて英語を習得していく上で、常に付いて回る疑問ですよね。
当時の僕もがむしゃらに英語を勉強していましたが、
「もっと効率良く勉強することは出来ないだろうか?」
「今のやり方で英語力がしっかりと身につくのか?」

と悩みながらも勉強していたもんです。

ズバリお答えしますと。。

アドバイザー豊田
英語の勉強のやり方、最適は方法は、、

アドバイザー豊田
人によリます!

OLの葵さん
そんなことはわかってんだよ。。
OLの葵さん
そういうことが聞きたいんじゃねえんだよ。。
アドバイザー豊田
はい。心の声がとても聞こえますね。。汗

では解説をしていきます。 自分が留学前に勉強をしているときの話ですが、やはり留学情報や英語の勉強情報をたくさん調べてみるものです。皆さんも同じように調べていると思います。

特に自分の場合は、留学に行くからにはスピーキング力を伸ばしたい!と思っていました。 「文法とかは日本で出来るかな」と思っていた部分もありました。
※実際には文法の勉強も大事です。

だからこそ会話の練習を少しでもしたいのですが、やはり相手がいないと難しいわけでして、さらに日本人同士で英語で会話をしても、英語的に間違っていたとしても、お互いによくわかっていないので、実際に力がついたかどうかはわからないんですよね。。

そこで出会ったのが「英語の勉強するなら発音を勉強しろ!」という記事でした!
当時はスマホなんてものはなく(ムーバだったかな?Fomaの前くらいのやつです)
どこからたどり着いたか分かりませんが妙に納得する内容の文章が書かれていて、真剣に読んでいたことを覚えています。

そこに書かれたいたのは、

「子供はみんな発音から言語を身につける」
「だから全ての基本は発音から」
「ただ子供は脳がまだ柔かいので相手の言っていることを正確に発音することができる。
「だけど大人がそれをするのは難しい」
※8歳を過ぎると難しくなってくるそうです。
「であれば、正確な発音を勉強すれば、良い発音で会話ができる」

といった内容が書かれていました。
正直この内容が正解かはわかりませんが、自分にとってはなるほどな!と思わせるものでした!

そして最後に発音を勉強する上で良いよ!という本がいくつか紹介されていたので、その本を見つけに書店をたくさん回りました!
(当時はAmazonなど便利なものはありませんでした)

ようやく一冊の本を見つけたのですが、これです!
img_2687

※回し者ではありません。。

内容を見てみると確かに目からウロコでしたね。
特に

●Penの「n」の部分の発音は「ん」と思いがちですが「n」の時に口は閉じない。
※「n」と「ん」の発音は異なる
●発音は口の形(8種類)と舌の位置(8種類)を組み合わせれば、発音ができる!

の部分はとても印象に残っています。
※発音記号は細かく分けると47あります。

そんなこんなで、本に付属されているDVDを見ながら発音記号と口の形、舌の位置を覚えていきました!

海外に行ってみると、わかるのですがネイティブにはどんなに簡単な単語でも発音が悪くて通じない!ってことがあります。
また毎日のようにたくさんの新しい単語を浴びることになるのですが、スペルと意味を知っても、発音が出来ないとやはり使えないです。
そこで自分は一緒に発音記号まで書いて一緒に発音をするようにしました!

そうすると、だんだんと「覚えた単語」から「使える単語」になっていくではありませんか!
発音の勉強をやっていて良かったな!と思えた瞬間でしたね。

ただし、一つ忠告をしておくと。。発音の勉強は

めちゃくちゃ地味! です。。

やっていても、やはりそこまで面白くはないので、、結構挫折するかもです。。

まとめ

英語の勉強法の一つに発音がある

英語の勉強法は人や目的によって最適な方法
何を勉強すべきかが決まる。

発音の勉強をしておくと海外で役立つ!ただし地味だ。。

どれだけ蓄えても無駄にはならないのもの。 それは知識だ!

↑誰かが言っていた気がしますが。

興味が出たよ!って方はトライしてみてください!



資料請求


コメントを残す

このページの先頭へ