ホームステイを楽しむコツ 食事編

ホームステイ滞在をしていて、本当に困ったものの一つに挙げられるものがあります。

それはズバリ食事です!  海外の一般家庭で日本のものが食べられないことなど想像していました。しかし一ヶ月もそれが続くとなると話は別です。 本当に毎日食卓に並ぶパン、パスタ、スープに飽き飽きしてくるんですよね。。 日本に居た頃は3か月くらいは大丈夫だと思っていたんですけど。。。 自分が食べたいのはご飯と、うどん、味噌汁なのだと!

でも、そんなメニューが都合よく食卓に並ぶことはありません。 余裕をこいていた自分が悪いのです。

 

そんなある日、日本食を食べたくてウズウズしている自分に朗報が!

なんとファミリーのとあるお友達も日本人の留学生を受け入れているというので週末にそのファミリーも合同で寿司パーティーをしようと、寿司みんなで作ってみよう!ということになりました!

内心、日本のお寿司屋さんで食べられる、酢飯に魚の切り身が乗った本格的な寿司とまでは行かなくても、いわゆるカリフォルニアロール的なものなのかなと思っていました!

 

そして迎えた当日、机の上に並べられた材料は

白いごはん、カニカマ 英訳imitation crab ←カニを真似たものという意味になります。

この単語は忘れません。。

海苔、しょうゆでした。

 

メニューだけ見れば、まあ行けるじゃん!と思うかもしれませんが

自分の中で下げたハードルのさらに下を行く感じでしたね。。

なぜならご飯はタイ米だったからです。。 タイ米は日本の米のように、しっとりともちもちしたものではなく、パサパサです。 なので米自体もパラパラと落ちるしまとまらないので海苔で巻いても寿司の形にならないのです。。 残念。。でも日本人の僕のために寿司パーティーを開いてくれたファミリーの気持ちが嬉しかったです。

 

ここまで散々ホームステイ先の食事には期待できないような感じで書いていますが

全ての原因は自分にあります!  もっと自分が「こういったものを食べたい!」「こんな料理を一緒に作ってみたい!」と言えばいいだけなのです!  

a1180_015581

 

当時の自分は海外に行っても、まだ受け身で出された食事に残念がっているバカなやつでした。 ホームステイには各家庭のルールがあるので、ルールを破ることはしてはいけませんが、逆にルールを破らなければ、色々なことをやってみたい!と提案してみるのは全然ありなのです!  

例えば、毎日の食事に飽きてきたら、ホストマザーに「こんなものが食べたい!」と提案してみたり、「一緒にご飯を作ろう」と誘ってみたり、「一緒にスーパーへ行って自分の食べたい食材を選んでみる」のも全然okなのです! それをしないで、残念がっている自分は本当に大バカやろーでしたね。

a0002_001257

 

これから留学される方で、食事面が心配。。という方は、ぜひホストマザーに上記のように提案してみてください!
また料理が全くダメ。。という方は今から自炊をしてみて、料理の腕を磨いてみてくださいね!



資料請求


コメントを残す

このページの先頭へ